クレジットカード

ビックカメラSuicaカードは2017年も最強だったよ!

投稿日:

ビックカメラSuicaカードは2017年も最強だったよ!

交通系クレカの超定番であるビックカメラ Suica カード

ライバル不在で一強状態が続いていたが、今年もその強さは圧倒的だった。やはりなんといっても Suica のチャージで1.5%のポイント還元は美味しすぎる。

しかもビックカメラの買い物で利用すれば、現金払いと同じ10%のビックポイントサービスがつき、チャージとの合わせ技で11.5%の高還元率を実現できるのは驚異的だ。

コジマでも現金払いと同率のビックポイントサービスとなるので、両店舗の使用頻度が高ければまず間違いなく得する1枚と言えるだろう。

 

またJR東日本や、ビックカメラ・コジマ以外の利用でも、ビックポイントとビューサンクスポイントが、それぞれ0.5%ずつ貯まるので普段使いでもお得。

さらに Suica ポイントクラブに登録すれば、加盟店や駅構内の自販機の利用で Suica ポイントが0.1%から1%加算される。

2017年12月からスイカポイントとJR東日本グループのポイント、 「JRE ポイント」と共通化されさらに、2018年度中にはビューサンクスポイントも 「JRE ポイント」と共通化される見込みで、ビックカメラ Suica カードがさらに便利になりそうだ。

Suicaにオートチャージ可能な人気のクレジットカード5選!

初年度の年会費は無料で Suica チャージなど年間一度でも使えば翌年度も無料

チャージなど年間一度でも使えば、翌年度も年会費無料。また、 チャージなど年間一度でも使えば翌年度も無料。

また貯めたポイントはスイカを始め VIEWやルミネの商品券に交換することも可能だ。

ただし、交換先のポイントによっては還元率が悪くなってしまうのでよく確認しておきたい。

この他、同じ Suica でも定期券一体型なら View Suica、JAL マイルを貯めるなら JAL カード Suica がおすすめだがどちらも年会費がかかるのがマイナス。

年齢制限はあるが大人の休日倶楽部ジパングカードは、鉄道の旅が好きなら何かとお得な一枚だ。

SuicaとPASMOはどっちがいい?SuicaとPASMOの違いや基本情報と特徴をを分かりやすく解説!

-クレジットカード

Copyright© クレジットカード速報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.